《LEICA ライカ M2 カメラボディ 後期型》

フィルムカメラのなかでも非常に人気の高いM型ライカになります。
1954年に発売されたライカM3から、ファインダーをはじめとした各部を簡略化した機種ですが、
M3とは異なるコンセプトを導入したことから、M2は同じM型であっても、
M3とは異なるカメラとして好まれました。
ファインダーの変更により、M2はM3に対し広角35mmがそのまま使え、
標準の50mmもそのまま使用可能です。
セルタイマーが全面に有り、巻き戻しがレバーで、シリアルは100万番台ですので後期型になります。

※前オーナー様いわく数年前に一度オーバーホールしているそうです。

製造:1957年発売
シリアルNo.#1092 600

《動作状況》

シャッター・シャッタースピードその他動作確認済みです。布製の膜の独特の乾いた品のある音は健在です。
低速時、僅かにシャッター鳴きございます。それ以外は良好です。

《コンディション》

外観は、全体にスレ、細かなキズ等見られますが状態は良好な方だと思います。
ファインダー内は微細なキズ、汚れ等見られます。 底面にはキズ防止シールが張ってあります。
フィルム室内も比較的綺麗な状態です。

《付属品》

ボディキャップ
スプール
LEITZ WETZLAR 革ケース+ストラップ

《機種の定格》

形式 機械式レンジファインダーカメラ
シャッター速度 B、1秒〜1/1000秒
機械式
横走り布幕フォーカルプレーンシャッター
露出計 なし
ファインダー倍率 0.72倍
ファインダー枠 35mm、50mm、90mm
レンズマウント ライカMマウント
巻き上げ レバー式、1ストローク
巻き戻し ノブ式

配送・送料について
西濃運輸
全国一律 700円

一部商品は除く

LEICA ライカ M2 カメラボディ 後期型

132,000円(税12,000円)